アーキテクチャ#

イントロダクション#

LXD はちょうど LXC と同じように Linux カーネルと Go でサポートされる あらゆるアーキテクチャで稼働することができます。

コンテナ、コンテナのスナップショットやイメージのように LXD のいくつか のオブジェクトはアーキテクチャに依存しています。

このドキュメントではサポートされているアーキテクチャ、それらの (データベースで使われる)ユニークな識別子、それらがどのように名前付け されるべきかといくつかの注釈をリストアップします。

LXD が問題とするのはカーネルアーキテクチャであり、ツールチェインで 決定される特定のユーザースペースのフレーバーではないことに注意してください。

これは LXD は ARMv7 hard-float を ARMv7 soft-float と同じとして扱い、 両方を armv7 として参照することを意味します。もしユーザーにとって有用で あれば正確なユーザースペースの ABI がイメージとコンテナプロパティとして 設定可能となり、簡単に問い合わせすることを許可します。

アーキテクチャ#

ID

Name

Notes

Personalities

1

i686

32bit Intel x86

2

x86_64

64bit Intel x86

x86

3

armv7l

32bit ARMv7 little-endian

4

aarch64

64bit ARMv8 little-endian

armv7 (optional)

5

ppc

32bit PowerPC big-endian

6

ppc64

64bit PowerPC big-endian

powerpc

7

ppc64le

64bit PowerPC little-endian

8

s390x

64bit ESA/390 big-endian

9

mips

32bit MIPS

10

mips64

64bit MIPS

mips

11

riscv32

32bit RISC-V little-endian

12

riscv64

64bit RISC-V little-endian

上記のアーキテクチャ名は通常は Linux のカーネルアーキテクチャ名と 揃えてあります。