OVN ネットワーク#

OVN は仮想ネットワーク抽象化をサポートするソフトウェアで定義されたネットワークシステムです。 あなた自身のプライベートクラウドを構築するのに使用できます。 詳細は www.ovn.org をご参照ください。

ovn ネットワークタイプは OVN SDN を使って論理的なネットワークの作成を可能にします。 この種のネットワークは複数の個別のネットワーク内で同じ論理ネットワークのサブネットを使うような検証環境やマルチテナントの環境で便利です。

LXD の OVN ネットワークはより広いネットワークへの外向きのアクセスを可能にするため既存の管理された ブリッジネットワーク物理ネットワーク に接続できます。 デフォルトでは、 OVN 論理ネットワークからの全ての接続はアップリンクのネットワークによって割り当てられた IP に NAT されます。

OVN ネットワークをセットアップする基本的な手順については LXD で OVN をセットアップするには をご参照ください。

注釈

静的な DHCP 割当は MAC アドレスを DHCP 識別子として使用するクライアントに依存します。 この方法はインスタンスをコピーする際に衝突するリースを回避し、静的に割り当てられたリースが正しく動くようにします。

設定オプション#

ovn ネットワークタイプでは現在以下の設定キーネームスペースがサポートされています。

  • bridge (L2 インタフェースの設定)

  • dns (DNS サーバと名前解決の設定)

  • ipv4 (L3 IPv4 設定)

  • ipv6 (L3 IPv6 設定)

  • security (ネットワーク ACL 設定)

  • user (key/value の自由形式のユーザメタデータ)

注釈

ネットワークのサブネット情報を指定する箇所では LXD は CIDR 表記 (例えば 192.0.2.0/242001:db8::/32) を使用します。これは単一のアドレスが必要なケース (例えば、トンネルのローカル/リモートアドレス、インスタンスに適用する NAT アドレスや特定のアドレス) では適用されません。

ovn ネットワークタイプには以下の設定オプションがあります。

キー

条件

デフォルト

説明

network

string

-

-

外部ネットワークへの外向きのアクセスに使うアップリンクのネットワーク

bridge.hwaddr

string

-

-

ブリッジの MAC アドレス

bridge.mtu

integer

-

1442

ブリッジの MTU (デフォルトではホストからホストへの Geneve トンネルを許可します)

dns.domain

string

-

lxd

DHCP のクライアントに広告し DNS の名前解決に使用するドメイン

dns.search

string

-

-

完全なドメインサーチのカンマ区切りリスト(デフォルトは dns.domain の値)

dns.zone.forward

string

-

-

正引き DNS レコード用の DNS ゾーン名

dns.zone.reverse.ipv4

string

-

-

IPv4 逆引き DNS レコード用の DNS ゾーン名

dns.zone.reverse.ipv6

string

-

-

IPv6 逆引き DNS レコード用の DNS ゾーン名

ipv4.address

string

標準モード

auto(作成時のみ)

ブリッジの IPv4 アドレス (CIDR 形式)。 IPv4 をオフにするには none 、新しいランダムな未使用のサブネットを生成するには auto を指定。

ipv4.dhcp

bool

IPv4 アドレス

true

DHCP を使ってアドレスを割り当てるかどうか

ipv4.nat

bool

IPv4 アドレス

false

NAT するかどうか(ipv4.address が未設定の場合デフォルト値は true でランダムな ipv4.address が生成されます)

ipv4.nat.address

string

IPv4 アドレス

-

ネットワークからの外向きトラフィックに使用されるソースアドレス (アップリンクに ovn.ingress_mode=routed が必要)

ipv6.address

string

標準モード

auto(作成時のみ)

ブリッジの IPv6 アドレス (CIDR 形式)。 IPv6 をオフにするには none 、新しいランダムな未使用のサブネットを生成するには auto を指定。

ipv6.dhcp

bool

IPv6 アドレス

true

DHCP 上に追加のネットワーク設定を提供するかどうか

ipv6.dhcp.stateful

bool

IPv6 DHCP

false

DHCP を使ってアドレスを割り当てるかどうか

ipv6.nat

bool

IPv6 アドレス

false

NAT するかどうか(ipv6.address が未設定の場合デフォルト値は true でランダムな ipv6.address が生成されます)

ipv6.nat.address

string

IPv6 アドレス

-

ネットワークからの外向きトラフィックに使用されるソースアドレス (アップリンクに ovn.ingress_mode=routed が必要)

security.acls

string

-

-

このネットワークに接続する NIC に適用するネットワーク ACL のカンマ区切りリスト

security.acls.default.egress.action

string

security.acls

reject

どの ACL ルールにもマッチしない外向きトラフィックに使うアクション

security.acls.default.egress.logged

bool

security.acls

false

どの ACL ルールにもマッチしない外向きトラフィックをログ出力するかどうか

security.acls.default.ingress.action

string

security.acls

reject

どの ACL ルールにもマッチしない内向きトラフィックに使うアクション

security.acls.default.ingress.logged

bool

security.acls

false

どの ACL ルールにもマッチしない内向きトラフィックをログ出力するかどうか

user.*

string

-

-

ユーザ指定の自由形式のキー/バリューペア

サポートされている機能#

ovn ネットワークタイプでは以下の機能がサポートされています。