環境変数#

以下の環境変数を設定することで、 LXD のクライアントとデーモンを ユーザーの環境に適合させることができ、いくつかの高度な機能を有効または 無効にすることができます。

クライアントとサーバ共通の環境変数#

名前

説明

LXD_DIR

LXD のデータディレクトリ

PATH

実行ファイルの検索対象のパスのリスト

http_proxy

HTTP 用のプロキシサーバの URL

https_proxy

HTTPS 用のプロキシサーバの URL

no_proxy

プロキシが不要なドメイン、IPアドレスあるいは CIDR レンジのリスト

クライアントの環境変数#

名前

説明

EDITOR

使用するテキストエディタ

VISUAL

(EDITOR が設定されてないときに) 使用するテキストエディタ

LXD_CONF

LXC 設定ディレクトリーのパス

LXD_GLOBAL_CONF

LXC グローバル設定ディレクトリーのパス

LXC_REMOTE

使用するリモートの名前(設定されたデフォルトのリモートよりも優先されます)

サーバの環境変数#

名前

説明

LXD_EXEC_PATH

(サブコマンド実行時に使用される) LXD 実行ファイルのフルパス

LXD_LXC_TEMPLATE_CONFIG

LXC テンプレート設定ディレクトリ

LXD_SECURITY_APPARMOR

false に設定すると AppArmor を無効にします

LXD_UNPRIVILEGED_ONLY

true に設定すると非特権コンテナしか作れなくなるように強制します。 LXD_UNPRIVILEGED_ONLY を設定する前に作られた特権コンテナは引き続き特権を持つことに注意してください。このオプションを LXD デーモンを最初にセットアップするときに設定するのが実用的です。

LXD_OVMF_PATH

OVMF_CODE.fdOVMF_VARS.ms.fd を含む OVMF ビルドへのパス

LXD_SHIFTFS_DISABLE

shiftfs のサポートを無効にする(従来の UID シフトを試す際に有用です)

LXD_IDMAPPED_MOUNTS_DISABLE

idmap を使ったマウントを無効にする(従来の UID シフトを試す際に有用です)

LXD_DEVMONITOR_DIR

デバイスモニターでモニターするパス。主にテスト用。