Btrfs - btrfs#

BtrfsCOW 原則に基づいたローカルファイルシステムです。 COW はデータが修正された後に既存のデータを上書きするのではなく別のブロックに保管され、データ破壊のリスクが低くなることを意味します。 他のファイルシステムと異なり、Btrfs はエクステントベースです。これはデータを連続したメモリ領域に保管することを意味します。

基本的なファイルシステムの機能に加えて、Btrfs は RAID、ボリューム管理、プーリング、スナップショット、チェックサム、圧縮、その他の機能を提供します。

Btrfs を使うにはマシンに btrfs-progs がインストールされているか確認してください。

用語#

Btrfs ファイルシステムは サブボリューム を持つことができます。これはファイルシステムのメインツリーの名前をつけられたバイナリサブツリーでそれ自身の独立したファイルとディレクトリ階層を持ちます。 Btrfs スナップショット は特殊なタイプのサブボリュームで別のサブボリュームの特定の状態をキャプチャーします。 スナップショットは読み書き可または読み取り専用にできます。

LXD の btrfs ドライバ#

LXD の btrfs ドライバはインスタンス、イメージ、スナップショットごとにサブボリュームを使用します。 新しいオブジェクトを作成する際 (例えば、新しいインスタンスを起動する)、 Btrfs スナップショットを作成します。

Btrfs はネストした LXD 環境内のコンテナ内部でストレージバックエンドとして使用できます。 この場合、親のコンテナ自体は Btrfs を使う必要があります。 しかし、ネストした LXD のセットアップは親から Btrfs のクォータは引き継がないことに注意してください (以下の クォータ 参照)。

クォータ#

Btrfs は qgroups 経由でストレージクォータをサポートします。 Btrfs qgroups は階層的ですが、新しいサブボリュームは親のサブボリュームの qgroups に自動的に追加されるわけではありません。 これはユーザが設定されたクォータから逃れることができることは自明であることを意味します。 このため、厳密なクォータが必要な場合は、別のストレージドライバを検討すべきです (例えば、refquotas ありの ZFS や LVM 上の Btrfs)。

クォータを使用する際は、 Btrfs のエクステントはイミュータブルであることを考慮に入れる必要があります。 ブロックが書かれると、それらは新しいエクステントに現れます。 古いエクステントはその上の全てのデータが参照されなくなるか上書きされるまで残ります。 これはサブボリューム内で現在存在するファイルで使用されている合計容量がクォータより小さい場合でもクォータに達することがあり得ることを意味します。

注釈

この問題は Btrfs 上で仮想マシンを使用する際にもっともよく発生します。これは Btrfs サブボリューム上に生のディスクイメージを使用する際のランダムな I/O の性質のためです。

このため、仮想マシンには Btrfs ストレージプールは決して使うべきではありません。

どうしても仮想マシンに Btrfs ストレージプールを使う必要がある場合、インスタンスのルートディスクの size.state をルートディスクのサイズの2倍に設定してください。 この設定により、ディスクイメージファイルの全てのブロックが qgroup クォータに達すること無しに上書きできるようになります。 btrfs.mount_options=compress-force ストレージプールオプションでもこのシナリオを回避できます。圧縮を有効にすることの副作用で最大のエクステントサイズを縮小しブロックの再書き込みが2倍のストレージを消費しないようになるからです。 しかし、これはストレージプールのオプションなので、プール上の全てのボリュームに影響します。

設定オプション#

btrfs ドライバを使うストレージプールとこれらのプール内のストレージボリュームには以下の設定オプションが利用できます。

ストレージプール設定#

キー

デフォルト値

説明

btrfs.mount_options

string

user_subvol_rm_allowed

ブロックデバイスのマウントオプション

size

string

auto (空きディスクスペースの 20%, >= 5 GiB and <= 30 GiB)

ループベースのプールを作成する際のストレージプールのサイズ (バイト単位、接尾辞のサポートあり)

source

string

-

ブロックデバイスまたはループファイルまたはファイルシステムエントリーのパス

Tip

これらの設定に加えて、ストレージボリューム設定のデフォルト値を設定できます。 ストレージボリュームのデフォルト値を変更する を参照してください。

ストレージボリューム設定#

キー

条件

デフォルト値

説明

security.shifted

bool

custom volume

volume.security.shifted と同じか false

ID シフトオーバーレイを有効にする (複数の分離されたインスタンスによるアタッチを許可する)

security.unmapped

bool

custom volume

volume.security.unmapped と同じか false

ボリュームへの id マッピングを無効にする

size

string

appropriate driver

volume.size と同じ

ストレージボリュームのサイズ/クォータ

snapshots.expiry

string

custom volume

volume.snapshots.expiry と同じ

スナップショットをいつ削除するかを制御 (1M 2H 3d 4w 5m 6y のような式を期待)

snapshots.pattern

string

custom volume

volume.snapshots.pattern と同じか snap%d

スナップショットの名前を表す Pongo2 テンプレート文字列 (スケジュールされたスナップショットと名前無しのスナップショットで使用)

snapshots.schedule

string

custom volume

volume.snapshots.schedule と同じ

Cron 表記 (<minute> <hour> <dom> <month> <dow>) かスケジュールエイリアスのカンマ区切りリスト (@hourly, @daily, @midnight, @weekly, @monthly, @annually, @yearly)