動作環境#

LXD は Go 1.18 以上を必要とし、 Golang のコンパイラのみでテストされています。 (訳注: 以前は gccgo もサポートされていましたが Golang のみになりました)

ビルドには最低 2GB の RAM を推奨します。

必要なカーネルバージョン#

サポートされる最小のカーネルバージョンは 5.4 です。

LXD には以下の機能をサポートするカーネルが必要です。

  • Namespaces (pid, net, uts, ipcmount)

  • Seccomp

以下のオプションの機能はさらなるカーネルオプションを必要とします。

  • Namespaces (usercgroup)

  • AppArmor (mount mediation に対する Ubuntu パッチを含む)

  • Control Groups (blkio, cpuset, devices, memory, pidsnet_prio)

  • CRIU (正確な詳細は CRIU のアップストリームを参照のこと)

さらに使用している LXC のバージョンで必要とされる他のカーネルの機能も 必要です。

LXC#

LXD は以下のビルドオプションでビルドされた LXC 4.0.0 以上を必要とします。

  • apparmor (もし LXD の AppArmor サポートを使用するのであれば)

  • seccomp

Ubuntu を含む、さまざまなディストリビューションの最近のバージョンを 動かすためには、 LXCFS もインストールする必要があります。

QEMU#

仮想マシンを利用するには QEMU 6.0 以降が必要です。

追加のライブラリー(と開発用のヘッダ)#

LXD はデータベースとして dqlite を使用しています。 ビルドしセットアップするためには make deps を実行してください。

LXD は他にもいくつかの (たいていはパッケージ化されている) C ライブラリーを使用しています。

  • libacl1

  • libcap2

  • liblz4 (dqlite で使用)

  • libuv1 (dqlite で使用)

  • libsqlite3 >= 3.25.0 (dqlite で使用)

ライブラリーそのものとライブラリーの開発用ヘッダ (-dev パッケージ)の全てを インストールしたことを確認してください。