Remotes

イントロダクション

リモートは LXD のコマンドラインクライアント内の概念でありさまざまな LXD サーバーやクラスターを参照するのに使用します。 リモートは実質的には特定の LXD サーバーをサーバーにログインしたり認証するのに必要な認証情報も含めて指定する URL を指す名前です。 LXD には次の 4 種類のリモートがあります。

  • Static
  • Default
  • Global (システムごと)
  • Local (ユーザーごと)

Static

Static リモートは - local (default) - ubuntu - ubuntu-daily

これらはハードコードされておりユーザーが変更できません。

Default

初回の使用時に自動的に追加されます。

Global (システムごと)

デフォルトでは global の設定ファイルは /etc/lxc/config.yml に置かれます。 LXD_GLOBAL_CONF 環境変数でパスを変更できます。 この設定ファイルを手動で編集して global リモートを追加できます。 これらのリモートの証明書は servercerts ディレクトリ (例: /etc/lxc/servercerts/) に置き、リモートの名前にマッチ (例: foo.crt) させます。

設定例を以下に示します。

remotes:
  foo:
    addr: https://10.0.2.4:8443
    auth_type: tls
    project: default
    protocol: lxd
    public: false
  bar:
    addr: https://10.0.2.5:8443
    auth_type: tls
    project: default
    protocol: lxd
    public: false

Local (ユーザーごと)

local レベルのリモートは CLI (lxc) で次のように管理します。 lxc remote [command]

デフォルトでは local の設定ファイルは ~/.config/lxc/config.yml に置かれます。 LXD_CONF 環境変数でパスを変更できます。 ユーザーはシステムのリモートを (例: lxc remote namelxc remote set-url を実行することで) オーバーライドすることができます。 その場合リモートの設定は関連する証明書と共にコピーされます。