macvlan ネットワーク#

macvlan は仮想的な LAN で同じネットワークインタフェースに複数の IP アドレスを割り当てたい場合に使用できます。 基本的にはネットワークインタフェースをそれぞれの IP アドレスを持つ複数のサブインタフェースに分割することになります。 その後ランダムに生成された MAC アドレスに基づいて IP アドレスを設定できます。

macvlan ネットワークタイプは親のインタフェースにインスタンスを接続する際に使用するプリセットを指定できます。 この場合、接続先のネットワークについて基本的な設定詳細を一切知る必要なしに単に network オプションをインスタンス NIC に設定できます。

設定オプション#

macvlan ネットワークタイプでは現在以下の設定キーネームスペースがサポートされています。

  • maas (MAAS ネットワーク識別)

  • user (key/value の自由形式のユーザメタデータ)

注釈

ネットワークのサブネット情報を指定する箇所では LXD は CIDR 表記 (例えば 192.0.2.0/242001:db8::/32) を使用します。これは単一のアドレスが必要なケース (例えば、トンネルのローカル/リモートアドレス、インスタンスに適用する NAT アドレスや特定のアドレス) では適用されません。

macvlan ネットワークタイプでは以下の設定オプションが使用できます。

キー

条件

デフォルト

説明

gvrp

bool

-

false

GARP VLAN Registration Protocol を使って VLAN を登録する

mtu

integer

-

-

作成するインターフェースの MTU

parent

string

-

-

macvlan NIC を作成する親のインターフェース

vlan

integer

-

-

アタッチする先の VLAN ID

maas.subnet.ipv4

string

IPv4 アドレス

-

インスタンスを登録する MAAS IPv4 サブネット(NIC の network プロパティを使用する場合)

maas.subnet.ipv6

string

IPv6 アドレス

-

インスタンスを登録する MAAS IPv6 サブネット(NIC の network プロパティを使用する場合)

user.*

string

-

-

ユーザ指定の自由形式のキー/バリューペア