ディレクトリ - dir#

ディレクトリストレージドライバは基本的なバックエンドで通常のファイルとディレクトリ構造にデータを保管します。 このドライバは素早くセットアップできディスク上のファイルを直接見ることができるので、テストには便利かもしれません。 しかし、 LXD の操作はこのドライバ用には 最適化されていません

LXD の dir ドライバ#

LXD の dir ドライバは完全に機能し、他のドライバと同じ機能セットを提供します。 しかし、他のドライバよりは圧倒的に遅いです。これはインスタンス、スナップ、ショットを一瞬でコピーする代わりにイメージの解凍を行う必要があるためです。

作成時に (source 設定オプションを使って) 別途指定されてない限り、データは /var/snap/lxd/common/lxd/storage-pools/ (snap でインストールした場合) または /var/lib/lxd/storage-pools/ ディレクトリに保管されます。

クォータ#

dir ドライバは ext4 か XFS 上で動作しファイルシステムレベルでプロジェクトのクォータが有効な場合にストレージのクォータをサポートします。

設定オプション#

dir ドライバを使うストレージプールとこれらのプール内のストレージボリュームには以下の設定オプションが利用できます。

ストレージプール設定#

キー

デフォルト値

説明

rsync.bwlimit

string

0 (no limit)

ストレージエンティティの転送に rsync を使う必要があるときにソケット I/O に指定する上限を設定

rsync.compression

bool

true

ストレージブールのマイグレーションの際に圧縮を使うかどうか

source

string

-

ブロックデバイスかループファイルかファイルシステムエントリのパス

Tip

これらの設定に加えて、ストレージボリューム設定のデフォルト値を設定できます。 ストレージボリュームのデフォルト値を変更する を参照してください。

ストレージボリューム設定#

キー

条件

デフォルト値

説明

security.shifted

bool

カスタムボリューム

volume.security.shifted と同じか false

ID シフトオーバーレイを有効にする (複数の分離されたインスタンスによるアタッチを許可する)

security.unmapped

bool

カスタムボリューム

volume.security.unmapped と同じか false

ボリュームの ID マッピングを無効にする

size

string

適切なドライバ

volume.size と同じ

ストレージボリュームのサイズ/クォータ

snapshots.expiry

string

カスタムボリューム

volume.snapshots.expiry と同じ

スナップショットをいつ削除するかを制御 (1M 2H 3d 4w 5m 6y のような式を期待)

snapshots.pattern

string

カスタムボリューム

volume.snapshots.pattern と同じか snap%d

スナップショットの名前を表す Pongo2 テンプレート文字列 (スケジュールされたスナップショットと名前無しのスナップショットで使用)

snapshots.schedule

string

カスタムボリューム

volume.snapshots.schedule と同じ

Cron 表記 (<minute> <hour> <dom> <month> <dow>) かスケジュールエイリアスのカンマ区切りリスト (@hourly, @daily, @midnight, @weekly, @monthly, @annually, @yearly)

ストレージバケット設定#

ローカルのストレージプールドライバでストレージバケットを有効にし、 S3 プロトコル経由でアプリケーションがバケットにアクセスできるようにするには core.storage_buckets_address サーバ設定 (サーバ設定 参照) を調整する必要があります。

ストレージバケットは dir プール用の設定はありません。 他のストレージプールドライバとは異なり、 dir ドライバは size 設定によるバケットクォータのサポートはありません。