ネットワーク設定

LXD はネットワークの作成と管理をサポートしています。サポートしている ブリッジの設定オプションは以下の一覧の通りです。

この機能は API 拡張 "network" の一部だったことに注意してください。

次のネームスペースの key/value 設定が現在サポートされています。

  • bridge (L2 インタフェースの設定)
  • fan (Ubuntu FAN overlay に特有な設定)
  • tunnel (ホスト間のトンネリングの設定)
  • ipv4 (L3 IPv4 設定)
  • ipv6 (L3 IPv6 設定)
  • dns (DNS サーバと名前解決の設定)
  • raw (raw の設定のファイルの内容)
  • user (ユーザのメタデータに対する自由形式の key/value)

IP アドレスとサブネットは CIDR 形式 (1.1.1.1/24fd80:1234::1/64) で指定することを想定しています。例外としてトンネルのローカルとリモートのアドレスは単なるアドレス (1.1.1.1fd80:1234::1) を指定します。

キー 条件 デフォルト 説明
bridge.driver string - native ブリッジのドライバ ("native" か "openvswitch")
bridge.external_interfaces string - - ブリッジに含める未設定のネットワークインタフェースのカンマ区切りリスト
bridge.hwaddr string - - ブリッジの MAC アドレス
bridge.mode string - standard ブリッジの稼働モード ("standard" か "fan")
bridge.mtu integer - 1500 ブリッジの MTU (tunnel か fan かでデフォルト値は変わります)
dns.domain string - lxd DHCP のクライアントに広告し DNS の名前解決に使用するドメイン
dns.mode string - managed DNS の登録モード ("none" は DNS レコード無し、 "managed" は LXD が静的レコードを生成、 "dynamic" はクライアントがレコードを生成)
fan.overlay_subnet string fan mode 240.0.0.0/8 FAN の overlay として使用するサブネット (CIDR 形式)
fan.type string fan mode vxlan FAN のトンネル・タイプ ("vxlan" か "ipip")
fan.underlay_subnet string fan mode デフォルトゲートウェイのサブネット FAN の underlay として使用するサブネット (CIDR 形式)
ipv4.address string standard mode ランダムな未使用のサブネット ブリッジの IPv4 アドレス (CIDR 形式)。 IPv4 をオフにするには "none" 、新しいアドレスを生成するには "auto" を指定。
ipv4.dhcp boolean ipv4 address true DHCP を使ってアドレスを割り当てるかどうか
ipv4.dhcp.expiry string ipv4 dhcp 1h DHCP リースの有効期限
ipv4.dhcp.gateway string ipv4 dhcp ipv4.address サブネットのゲートウェイのアドレス
ipv4.dhcp.ranges string ipv4 dhcp 全てのアドレス DHCP に使用する IPv4 の範囲 (開始-終了 形式) のカンマ区切りリスト
ipv4.firewall boolean ipv4 address true このネットワークに対するファイアウォールのフィルタリングルールを生成するかどうか
ipv4.nat boolean ipv4 address false NAT にするかどうか (未設定の場合はデフォルト値は true になりランダムな ipv4.address が生成されます)
ipv4.nat.order string ipv4 address before 必要な NAT のルールを既存のルールの前に追加するか後に追加するか
ipv4.routes string ipv4 address - ブリッジへルーティングする追加の IPv4 CIDR サブネットのカンマ区切りリスト
ipv4.routing boolean ipv4 address true ブリッジの内外にトラフィックをルーティングするかどうか
ipv6.address string standard mode ランダムな未使用のサブネット ブリッジの IPv6 アドレス (CIDR 形式)。 IPv6 をオフにするには "none" 、新しいアドレスを生成するには "auto" を指定。
ipv6.dhcp boolean ipv6 address true DHCP 上で追加のネットワーク設定を提供するかどうか
ipv6.dhcp.expiry string ipv6 dhcp 1h DHCP リースの有効期限
ipv6.dhcp.ranges string ipv6 stateful dhcp 全てのアドレス DHCP に使用する IPv6 の範囲 (開始-終了 形式) のカンマ区切りリスト
ipv6.dhcp.stateful boolean ipv6 dhcp false DHCP を使ってアドレスを割り当てるかどうか
ipv6.firewall boolean ipv6 address true このネットワークに対するファイアウォールのフィルタリングルールを生成するかどうか
ipv6.nat boolean ipv6 address false NAT にするかどうか (未設定の場合はデフォルト値は true になりランダムな ipv6.address が生成されます)
ipv6.nat.order string ipv6 address before 必要な NAT のルールを既存のルールの前に追加するか後に追加するか
ipv6.routes string ipv6 address - ブリッジへルーティングする追加の IPv4 CIDR サブネットのカンマ区切りリスト
ipv6.routing boolean ipv6 address true ブリッジの内外にトラフィックをルーティングするかどうか
raw.dnsmasq string - - 設定に追加する dnsmasq の設定
tunnel.NAME.group string vxlan 239.0.0.1 vxlan のマルチキャスト設定 (local と remote が未設定の場合に使われます)
tunnel.NAME.id integer vxlan 0 vxlan トンネルに使用するトンネル ID
tunnel.NAME.interface string vxlan - トンネルに使用するホスト・インタフェース
tunnel.NAME.local string gre or vxlan - トンネルに使用するローカルアドレス (マルチキャスト vxlan の場合は不要)
tunnel.NAME.port integer vxlan 0 vxlan トンネルに使用するポート
tunnel.NAME.protocol string standard mode - トンネリングのプロトコル ("vxlan" か "gre")
tunnel.NAME.remote string gre or vxlan - トンネルに使用するリモートアドレス (マルチキャスト vxlan の場合は不要)
tunnel.NAME.ttl integer vxlan 1 マルチキャストルーティングトポロジーに使用する固有の TTL

これらのキーは lxc コマンドで以下のように設定できます。

lxc network set <network> <key> <value>